ベントレー ベンテイガ V8に見る、ラグジュアリーSUVの世界観とV8のプライオリティ

 

ベントレー ベンテイガ V8
デビュー以来、高く評価をされるベンテイガ
正式に発表されてからまだ3年にも満たないというのに、ベントレーにとって初のSUVとなる「ベンテイガ」は、スーパーリッチから高く評価される存在となった。あえてこう表現させてもらうのは、ベンテイガはもはや“ブランド化”し、ハイエンドSUVの世界に新しく誕生した存在だと個人的には思えるからである。

ベントレー ベンテイガ V8

それを証明するかのように、ベントレーはベンテイガのラインナップを続々と拡大し続けている。日本には6.0リッターのW型12気筒ツインターボエンジンを608ps&900Nmの最高出力&最大トルクで搭載する「ベンテイガ」のほかに、同エンジンをさらに635ps&900Nmにまでチューニングした「ベンテイガ スピード」、そして今回試乗した550ps&770Nmの4.0リッターV型8気筒仕様の「ベンテイガ V8」が導入されているが、欧州市場などではほかに環境性能やランニングコストに注力した「ハイブリッド」(PHEV)や「ディーゼル」もラインナップされている。

これらがベンテイガのセールスに、さらなる大きな追い風を生み出してくれることは間違いのないところだろう。

都会でも際立つエクステリアデザイン
凛とした佇まいを見せるベンテイガのエクステリアデザインは、カントリーロードではもちろんのこと、都会の洗練された景色にも実に良く似合う。とりわけ印象的なのはフロントマスクの造形で、それが醸し出す雰囲気にはやはり独特な存在感があるのか、歩道を歩く人などからの視線は自然と集まる。

ベントレー ベンテイガ V8, 内装

ベントレーらしい高品位な内装と最新の安全装備
インテリアのフィニッシュも相変わらず魅力的だ。センターコンソールを中心に左右対称にサイドから後方へと流れていくライン。上質なウッドパネルやレザーを用いることで、人間の五感すべてで安らぎというものを感じさせてくれるインテリアだ。

装備レベルももちろん十分に満足できる。インフォテインメントシステムはApple CarPlayに対応するほか、ドライバーアシスタンスシステムにはアダプティブクルーズコントロールやナイトビジョン、ベントレーセーフガードプラス、ハイビームアシストなども含まれる。

まさに伝統と先進が共存する装備が与えられているのだ。

ベントレー ベンテイガ V8

滑らかなフィーリングとアクセルレスポンス
搭載される4.0リッターツインターボエンジンは素晴らしく滑らかだ。このV8エンジンは、VW&アウディ・グループ内ではほかにアウディやポルシェ、ランボルギーニにも搭載されているが、最高出力では各々のキャラクターに合わせた差別化が施されている。ベンテイガ V8の550psは、その中では最も控えめな数字となるが、実際のパワーフィーリングは気持ち良いことこの上ない。

ベントレーが先に市場へと投じたW12モデルと比較すると、その差は60ps弱ということになるが、逆に車重は50kgほど軽い数字だから、実際に街中で感じる加速感には大きなハンデは正直なところ感じない。むしろアクセルペダルの動きに対してのレスポンスという点では、V8エンジンの方が魅力的な動きを見せるようにも思えた。

高回転域までストレスなく一気に吹け上がるV8エンジンは、8速ATとのマッチングによってさらにその魅力を高めているという印象だ。シフトアップ時にはほとんどショックを感じさせることなく、まさにシームレスな加速が続き、最大トルクの770Nmも中速域でフラットに発揮されるので、8速ATをあえてマニュアルでシフトしたくなるシチュエーションにはまず出会うことはないだろう。もちろんシフトダウンも、走行モードに合わせて最適なタイミングで行われる。